systemd-networkdを使用してArch linuxでSVIを作成しIPを付与する



wiki通りに設定できなかったので、自分で作成した時の方法を備忘録的な感じで残しておく。

※ここで想定するインターフェイス名は”eth0”, VLAN-IDは ”777”とする。

1.既存のインターフェイスのネットワーク設定にVLAN interface名を追加する。
interface名は”interface.VLAN-ID”となるようにする。

#emacs /etc/systemd/network/20-eth0.network

 
 
2.netdevファイルを作成し、使用するVLANのIDや、紐付けたいinterface名を指定する。

#emacs /etc/systemd/network/eth0.777.netdev

 
 
3.networkファイルを作成し、新規に作成したVLAN Interfaceに対するL3の情報を記述する。

#emacs /etc/systemd/network/20-eth0.777.network

 
 
4.systemd-networkdを念の為有効化し、再起動をする。

#systemctl enable systemd-networkd
#reboot

 
 
5.”ip a”コマンドで新規にVLAN interfaceが作成され、IPアドレスが付与されていればOK。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *