梅酒作ってみた



やってきました 梅の季節。

梅酒作りは去年から気になってて作ろうと思ったけど、梅が売ってる期間短すぎて気づいたころにはスーパーから消え失せてた。。。今年はちゃんと忘れずに梅を買ってきました。
品種は南高梅と青梅(品種とかは書いてなかった…)の2種類が置いてあったけど、見た目がなんかきれいだったから南高梅をチョイス。なんかちょっと赤くなってる所がいかにも梅っぽいような気がしてよかった。これでおよそ2kg。

漬ける酒は普通「ホワイトリカー」と呼ばれる果実酒を付ける用の焼酎を用いるんだけど、ネットでいろいろ調べてみるとウィスキーとかブランデー、スピリタスなんかで漬けて人が結構居た。好きなお酒を使って独自の梅酒を作るのって結構魅力的だよね。

以下は梅酒作りに使った材料たち。
・南高梅 …1.5kg
・氷砂糖 …1.5kg
・ビーフィータ ジン …700ml × 3本
・瓶 …容量5L

作り方は以下の通り。
1. 梅を洗って水に数時間つけてアク抜き。

2. あく抜きが終わったら水を抜いて爪楊枝でヘタの部分を取る。

3. タオルで表面の水分を完全にふき取る。

4. 瓶をアルコールなどで消毒し、きれいに拭き取ったらいよいよ瓶に梅と氷砂糖を詰めていく。他の梅酒の作り方の手順では、よく「氷砂糖と梅を交互に入れること」と書かれることがあるけど、暫くしたら梅と氷砂糖は分離しちゃうんであんまり意味がないかも。

5. ある程度いれたら酒を投入。ちなみにアルコール度数が20度以下の酒で漬けると酒税法違反になるらしい。それ以前にアルコール度数の低い酒を使うと保存がきかなくなるので注意。

6. あとは蓋を閉め冷暗所などに保管しておく。氷砂糖が溶けきるまでは1日に1回くらいゆすって糖分が均等に混ざるようにする。大体3ヶ月放置してると飲めるようになるらしい。出来上がりは秋ごろになるね。遠い。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *