IBMの25Uサーバラックを買ってみた



最近引っ越しをし、初の一人暮らしを始めたんでさっそく買ってみた。

今まで自宅にあったサーバやネットワーク機器はメタルラックを購入して、その中段などに重ねて置いていたのだが、これだと重なって下に置いてあるサーバをメンテナンスしようとしたときに上に重なっているサーバの電源を落としてどっかへどけなくてはいけないので非常に面倒であり、前々からサーバラックは欲しいなぁと考えていた。しかし当時僕は実家暮らしで、しかも自分の部屋は2Fにあったので購入ができないでいた。
 

上の画像はメタルラック時代のサーバ達。
 
 
時が経ち、社会人になって貯金もそこそこ貯まってきたので引越しをすることになり、それと同時にサーバラックを即購入しますた。。。
購入したのはIBMの「IBM 9307-RC2」と呼ばれるもの。
下の画像は部屋に搬入してからすぐに撮った写真。サーバラックの高さは120cm 重さは100kg超え。ヤフオクで購入した後にヤマト運輸の「らくらく家財宅急便」で送ってもらった。値段は本体価格が1万くらいで輸送料金も1万くらい。
部屋の中まで運んでもらえる。
 



 
 
次がサーバなどをラッキングした後の画像。ちなみに床抜け防止の為にカーペットとコンパネを購入し、下へ引いている。この物件は鉄骨の物件なので多分大丈夫だとは思うが、木造の住宅でサーバラックを購入しようと考えてる方は、床抜け対策をしないと結構ヤバイかも。
ラックの前を吸気面、後ろを排気面になるようにラッキングしている。


 
 
ラックの後ろの部分。配線が汚い。。。騒音の方はメタルラック時代とは変わらずうるさいまま。少しも静かにはなっていないと思う。


 
 
憧れてた自宅サーバラックを購入できて嬉しい反面、次回の引越しの時とかどうしようって感じになってる。しかもとても重いので一度配置したらほぼそこから動かすことは不可能なうえ、とても巨大。部屋のインテリアとか考えるとなるとこのサーバラックを常に念頭に置いて考えなくちゃいけない。しかも、ウチの物件のタイプが1kの間取りなので、寝食をこの轟音と共にすることになる。寝るときは耳栓が手放せない。
 
こんな感じでサーバラックのレビュー記事を終わりにする。 自宅にサーバラックを導入するときの参考になれば嬉しい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *